TOP > これまでに書いた記事 > GitHubでファイルを管理する

GitHubでファイルを管理する

はじめに

GitHubは、複数人でファイルを管理するのに便利なサービスです。

本記事では、ローカル環境で作成したプロジェクトフォルダをGitHub上で管理できるようにするための流れを解説します。

すでにGitHubにリポジトリが作成されていることを前提として書いていきます。

STEP1 ローカルリポジトリを作成する

作成したディレクトリのターミナル(Mac OSの場合)で、git initというコマンドを打ちます。

git init

すると、Initialized empty Git repository in /現在のディレクトリまでのパス/.git/ と表示されます。

Initialized empty Git repository in /Volumes/SSD/プッシュディレクトリのテスト/.git/

これでローカルリポジトリが作成されました。

STEP2 上流リポジトリの登録を行う

上流リポジトリとは、GitHub上にあるリポジトリ(リモートリポジトリ)のことです。

git remote add origin https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git で登録可能です。

git remote add origin https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git

httpsから始まるURLは、HTTPSという部分からコピーできます。

git remote -v と入力すると登録できたかどうかの確認ができます。登録されていれば、URLが表示されます。

git remote -v
origin  https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git (fetch)
origin  https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git (push)

STEP3 ファイルをプルする

リモート(GitHub)ではデフォルトブランチがmainで作成されているにも関わらず、ローカルではmasterで作成されているという現象が起こりました。(私の環境にて)

そのため、git pull origin main で、リモートのmainブランチをローカルに落とします。

git pull origin main

その後、git checkout main で、masterからmainに移動します。

git checkout main

Branch 'main' set up to track remote branch 'main' from 'origin'.
Switched to a new branch 'main'

STEP4 ファイルをプッシュする

「git add .」 → 「git commit -m “何かしらのメッセージ”」→ 「git push origin main」で、mainブランチにファイルをプッシュ(送信)できます。

git add .
git commit -m “何かしらのメッセージ”
git push origin main

ページ
最上部へ

目次へ