TOP > これまでに書いた記事 > YouTubeのポップアップモーダルを作成する方法

YouTubeのポップアップモーダルを作成する方法

はじめに

現在取り組んでいるLPコーディングで、YouTubeをポップアップモーダルで表示するという仕様を実現したので、それについて書いていきます。

modaal」というモーダルウインドウのプラグインを使用しました。

デモサイト

デモサイトはこちらです。

デモサイトにある画像をクリックすると、以下のような、YouTubeのポップアップモーダルが表示されます。

https://ki-hi-ro.com/sample/youtube-popup-demo/

以下の手順で作成しました。

  1. 必要なファイルの読み込み
  2. HTMLを書く
  3. JSを書く
https://ki-hi-ro.com/sample/youtube-popup-demo/

手順1: 必要なファイルの読み込み

  • CSS
  • JS

CSS

headタグ内で、modaal.min.cssを読み込みました。

<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css"     href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/Modaal/0.4.4/css/modaal.min.css">
</head>

JS

bodyの閉じタグの直前で、modaal.min.jsyoutube-popup.js(自作JSファイル)を読み込みました。

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/Modaal/0.4.4/js/modaal.min.js"></script>
<script src="youtube-popup.js"></script>
</body>

手順2: HTMLを書く

リンク先にはYouTubeの埋め込みURLを指定しました。

<a href="https://www.youtube.com/embed/eXE3ejJeJfQ" class="video-open">
 <img src="movie.png" alt="動画" class="movie__img"/>
</a>

YouTubeの埋め込みURLを取得する方法

YouTubeの埋め込みURLは、
埋め込みたいYouTube動画の「共有 → 埋め込む → 動画の埋め込み」から取得しました。

共有
埋め込む
srcの値を使用する

手順3: JSを書く

youtube-popup.js(自作JSファイル)で、modaalの処理をまとめた「youtube_modal」という関数を作成し、リンクのクラス名である「.video-open」を引数として渡しました。

function youtube_modal(trigger) {
  $(trigger).modaal({
    type: "video",
  });
}

youtube_modal(".video-open");

これでリンクをクリックしたときに、モーダルが表示されるようになりました。

https://ki-hi-ro.com/sample/youtube-popup-demo/

書籍の紹介

主にjQueryを使用したWEBサイトの動きについて網羅的に学べます。

今回のYouTubeのポップアップモーダルは、
書籍連動サイトのこちらのページを参考にしました。

ページ
最上部へ

目次へ