CPT UIのカスタム投稿タイプの設定項目

先日、カスタム投稿タイプのURL構造を変更するのに苦戦しました。

なんとか当初の問題は解決しましたが、やりたかったことは、
カスタムタクソノミー名をカスタム投稿タイプのURLに追加するということです。

カスタム投稿タイプは、WordPressプラグイン「CPT UI」を使用していました。

こちらのプラグインには、色々な設定項目があるため、調べたことをまとめていけば、それぞれの設定がどんな意味を持っているのかが理解でき、やりたいことが実現できるのではないかと思ったので、学習ブログを書いていきます。

設定項目

以下の設定項目について調べた内容をまとめていきます。

投稿タイプ

  • アーカイブあり
  • 階層
  • リライト
  • フロントでのリライト

投稿タイプ

アーカイブあり

真にするとカスタム投稿タイプのアーカイブページを持つことができます。

URLは、「https://〇〇〇〇.com/カスタム投稿タイプのスラッグ名」のようになります。

階層

真にすると親子関係を持つことができます。

リライト

真の場合は、以下のようなURLで、

「https://〇〇〇〇.com/カスタム投稿タイプのスラッグ名」

偽にすると以下のようなURLとなります。

「https://〇〇〇〇.com/?カスタム投稿タイプのスラッグ名=投稿のスラッグ名」

フロントでのリライト

こちらの真・偽は、設定 > パーマリンク > パーマリンク設定の「カスタム投稿タイプのパーマリンク設定」に影響します。

これは、プラグイン「Custom Post Type Permalinks」で追加した項目です。

WordPressの記事一覧

【スパム対策】フォームで日本語以外の入力制限を行う
Easy Table of Contentsでスクロールの高さを調整するには?
記事内リンクを別タブで開くようにする方法
カスタムフィールドの出力方法
出力する記事を指定する