既存ECサイトの改修

地元のWeb制作会社の担当者の方から、chatworkで相談を受けて、ECサイトのトップページにカテゴリーから選択できるコンテンツを作成しました。

私が担当したのは、コーディングです。デザインデータは、担当者の方からいただきました。

対応したサイトはお伝えできませんが、コーディング内容や開発の流れ、料金などについて書いていきたいと思います。

コーディング内容

カテゴリーセクションを作成しました。

レディース・メンズ・キッズのタブに分かれていて、タブを選択すると、それぞれのコンテンツが表示されます。

トップページはWordPressで作成されていたため、トップページのテーマファイル(page-top.php)を編集しました。テーマはPCとスマホで分かれていたので、それぞれのpage-top.phpを編集しました。

商品一覧ページはFutureShopで作成されており、コンテンツのリンクをクリックすると、それぞれの商品一覧ページに飛ぶという仕様です。

PC

CSSのFlexboxを使用して、長方形の商品コンテンツを並べました。

スマホ

slickを使用して丸い形の商品アイコンをスライドさせました。3つのコンテンツがアクティブになっていて、左右はチラ見せという状態でした。

全体の流れ

ご相談(6/8)→ 見積(6/8)→ 発注(7/19)→ 納品(7/22)→ 検収完了(7/22)

全部、chatworkを通して行いました。

開発から公開までの流れ

最初はローカル開発環境(MAMP)で行っていましたが、途中で共有開発環境として、自分のサーバー(エックスサーバー)に開発環境を作成しました。

この共有開発環境を納品し、検収してもらい、公開作業を行いました。

料金

6/8にご相談を受けたときに、5つくらいの項目があり、全部で30,000円(税込33,000円)でお見積もりしました。

今回記事にしているのは、そのうちの1つの項目ですが、一番優先度が高かったみたいです。

使用したツール

  • 機器・・・MacBook Pro(コワーキングスペースなどで使用)とiMac(自宅で使用)
  • ブラウザ・・・GoogleChrome
  • コードエディタ・・・VScode
  • ソースコード管理・・・GitHub
  • 使用言語は・・・HTML・PHP・CSS
  • コミュニケーションツール・・・chatwork