TOP > これまでに書いた記事 > デザイン4原則

デザイン4原則

はじめに

ノンデザイナーズブックで学んだ「デザイン4原則」について、実際のサイトを例に挙げながら解説していきます。

デザイン4原則とは、以下です。

  • 近接
  • 整列
  • 反復
  • コントラスト

近接

関連している要素同士は近くに置くことで、関連性を示すことができます。

例えば、画像の赤枠部分は、キャッチコピー・タイトル・価格が近くにあることで、その商品について説明していることが分かります。

出典: 神戸牛の通販サイト

また、それぞれの商品の隙間は、お互いに別の商品であることを表しています。

整列

目に見えない線を意識するのが整列です。

例えば、こちらの京都タワーのサイトのフッター部分は、黒い線のように真っ直ぐの線を引くことができます。

出典: 京都タワー

反復

要素を繰り返すことで、同じサイトのパーツであることをユーザーに伝えることができます。

例えば、MUJI HOTEL GINZAのトップページにあるお知らせコンテンツは、
同じデザインを3回繰り返しています。

出典: MUJI HOTEL GINZA

同じデザインで統一することで、NEWSのコンテンツということをユーザーに伝えることができます。

コントラスト

ユーザーを飽きさせないための工夫がコントラストです。

例えば、こちらの赤枠で囲った引用部分は、グレーの背景に太字のダークグレーの文字が書いてあり、コントラストがはっきりとしています。

出典: 【公式】Makonari Inside Stories(インサイドストーリーズ)

ページ
最上部へ

目次へ