TOP > これまでに書いた記事 > 33の悩みと答えの深い森

33の悩みと答えの深い森

はじめに

愛知県一宮市の図書館で「33の悩みと答えの深い森」という本を流し読みしました。

仕事が来ないという悩みを抱えているフリーランスのデザイナー

フリーランスのデザイナーが「仕事が来ない」という悩みを抱えていて、それに対して元電通の人がアドバイスをしていました。

アドバイスを要約すると、「仕事が来ないということは、まずいラーメン屋になってしまっている。そして、時間があるということなので、上手いラーメンを食べて、分析して上手いラーメン屋になるための修行を積むチャンスがある。その上手いラーメンをまるパクりすればいい。絶対にその上手いラーメン屋のようにはならないから大丈夫。まるパクりしたら、個性が勝手に出てくる。」とのことでした。

私の状況に当てはめて考えてみると

私は、2月1日からソフトウェア開発のエンジニアとして就業開始します。まずは、社内で美味しいラーメンを提供できるように努力していきます。

そもそも本当に私がフリーランスのWEB制作エンジニアを一度辞めた理由は、まずいラーメン屋になってしまっている感覚があったからです。

安定した注文がなければ収入も安定しません。

そこで、一度修行していつの日か美味しいラーメンを提供できるようになろうと思い、転職活動を始めたのでした。

この本を読むと得られること

この本を読めば、今自分が仕事に対して悩んでいることに対しての、深い答えが得られるはずです。

私も働きながら、定期的にこの本を読んでいきたいと思いました。

ページ
最上部へ

目次へ